たくさん食べなくても食べ方を変えれば太れる!太れる食べ方の方法をご紹介!

食べ方で太る

太りたい方は、たくさん食べるだけが太れる方法ではありません。
他にも様々な方法があります。

たくさん食べれない方でも、食べ方を見直すだけでとても太りやすくなります。

 

食べ方を変えるだけで太れる?

太るための食べ方について

太りたいけど、たくさんは食べられないーーー。
痩せている人にとても多い悩みです。

この場合、「たくさんカロリーのあるものを食べて、身体のエネルギーを増やすことで太る」という話はかなり辛いものです。

「食べる際に胃がもたれる」「すぐお腹いっぱいになるので、たくさんの量を食べられない」など少食の方にはそれぞれの事情があるようですね。

その場合は、普段からの食べ方を工夫することで問題を解決しましょう。

こちらでご紹介する食べ方の工夫は、以下の4つがポイントです。

  • 悪い油を避け、良い油を摂る
  • すりおろして食べる
  • 少し加熱して食べる
  • よく噛んで食べる

 

悪い油を避け、良い油を摂る

脂肪がつきやすい人にとってはさらに太る原因になりますが、胃腸の弱い人の場合、そもそも多すぎる油の摂取は消化を阻害する原因になってしまいます。

例えば、外食やコンビニ食の揚げ物や惣菜パンの常食で、何回も使用されている酸化の進んだ油や単価を安くするために人為的な方法で作り出されたマーガリンやショートニングなど、質の悪い油を摂りすぎることは、やはり胃腸への負担が大きくなってしまうため避けるようにしましょう。

一方で、摂取する油を選ぶことは意識したいところです。

摂取してからすぐエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸が100%であるMCTオイル、目や脳の働きを補助するオメガ3のもとであるα−リノレン酸が豊富なえごま油は、体内機能を活性化させる働きがあるため、特にオススメです。

 

すりおろして食べる

体内には、栄養素の消化吸収を促進するための数種の酵素が存在します。
身体が一日に作り出す分量には限りがあるため、もともと作り出す力が弱い人にとっては負担が多くなります。

酵素を多く含む野菜や果物をすりおろして食べることは、その細胞を壊すことでさらに多くの酵素を体内に入れることになるため、かなりの消化の補助になります。

特に消化酵素の豊富な食材をすりおろした「だいこんおろし」「すりおろし生姜」は、他の食材と一緒に摂取することで消化を助け胃腸の負担を減らします。

 

調理方法を工夫する

たくさん食べれない場合は、どれだけ損することなく栄養素を取り入れるかが1つのポイントになってきます。

調理方法や食べ方の工夫することで、より多くの栄養を取り入れられます。

過度の加熱は食材の栄養素を壊してしまうため、加熱の温度と時間に気を配ってみましょう。

水溶性ビタミンは水に溶け込む性質がありますので、多くの水で茹でるよりも、少量の水で蒸して調理する方がより多くの栄養を保持できます。

蒸すことにより、食べる際には風味や甘みが増し、美味しくいただくことができます。

また、はじめから栄養素が水に溶け出すことを前提にして、具沢山のスープにしていただくのも良いでしょう。

 

よく噛んで食べる

子供の頃、誰しも「よく噛んで食べなさい。」と言われた経験があることと思います。

唾液の中には多くの酵素が含まれています。

よく噛んで唾液を多く分泌し、食物と一緒に胃腸に送ることは、食べ物の分解を進め、その後の胃腸にかかる負担を大きく削減することになります。

噛むという行為は、簡単なようでいて、なかなか意識し続けるのが難しいこと。

噛む回数の目安を知っておくと取り組みやすいです。

例えば、柔らかく水分の多いご飯や食材自体に多く酵素を含んでいる生野菜サラダは一口30回、適度に固さがあり水分を含むタンパク質は50回、大振りに切られた野菜メインの煮物や野菜炒めなら70回、固さがあり水分の少ない乾物・ナッツ類は一口100回以上の咀嚼を意識しましょう。

食べ物がこのあと自分の身体を作っていくイメージをしながら、しっかり口を動かしてください。

 

太るためには精神状態も大切

心の健康

少食で太れないとお悩みの方には、食べ方の工夫以外にも心得ておくべきポイントがあります。

特にストレスとの向かい方は要チェックです。

痩せ過ぎる傾向にある人には胃腸の弱い人が多く、特にストレスの影響を受けやすいでしょう。

現代人と日々のストレスは、哀しいかな切っても切れない関係です。

そうなると、ストレスを受けた時にそこからさらに痩せてしまうことになりかねません。

心当たりのある方は、適切なストレス解消方法について、いくつか日常に取り入れられる方法を心得ておくと心強いです。

具体例として、以下のような方法が挙げられます。

  • 運動を習慣づける
  • 瞑想を取り入れる
  • アロマを取り入れる
  • 好きな音楽を聴く

 

日常に比較的簡単に取り入れられるストレス解消法は、期待以上の効果を発揮してくれます。
ぜひ、ご自身でできることからチャレンジしてみてください。

 

太るためのポイントは栄養の吸収率にあり!吸収率をアップさせる方法をご紹介!

健康的に太るには、食べた栄養をなるべく効率よく吸収できることがポイントの1つです。
今回は、栄養の吸収率について取り上げていきます。

 

体質の違いは栄養の吸収率の違いが原因!

食べ物を同じ量食べても、太る人と痩せる人がいます。
この違いは一体どこにあるかというと、体内における栄養の吸収率にあります。

咀嚼のあと、胃で消化された食べ物が小腸に入り、腸壁では栄養素の吸収が行われます。

腸壁が健康で活動が活発であるほど、栄養素の吸収と体内代謝のペースが上がり、効率よく体内に蓄えられる=太る、という法則が成り立ちます。

一方、栄養の吸収率が下がると身体中の細胞に栄養が行き渡りづらくなって全身が満たされなくなった結果、出ていくエネルギーの方が大きくなる=痩せる、ということになるのです。

 

吸収率をあげるには?

ここまでは、食物内にある栄養素の吸収率の大切さについてご紹介しましたが、実際に吸収率を上げようとした時にはどのような工夫が必要でしょうか?

すぐに実践できる方法としては、以下のような方法が挙げられます。

  • 食べ物をすりおろして食べること
  • 腸を冷やさないこと

 

 

すりおろして食べる

消化のために使われる酵素は、野菜や果物の中に豊富に含まれています。

たんぱく質や炭水化物を摂取する前にこれらの食べ物を摂取して酵素を蓄えておくと、消費の効率が上がります。

また、もともと体内にある酵素の温存にも繋がります。

食べ物をすりおろして食べると、よりたくさんの酵素を体内に取り入れることが可能です。

実は、すりおろすことで食べ物が持つ酵素は2〜3倍、食材によってはそれ以上に酵素が増加するというデータがあるほど違いがあります。

例えば、通常の調理で普通にカットされたものを食べる時は、細胞の外に存在する酵素だけが体内に吸収されるのに対し、すりおろす時は食物の細胞膜が破壊されるため、摂取により中に閉じ込められていた多量の酵素を体内に取り入れることができるのです。

同じように細胞を壊して酵素を摂取するにはジューサーでジュースを作るという方法もありますが、モーターの加圧熱で酵素が壊れることが難点です。

すりおろしは調理の際、多少手間がかかりますが、より多くの酵素を取り入れられるため、ぜひ試していただきたい方法です。

すりおろしに適した食材を考える時、特に注目したいのが大根です。
大根にはデンプンを分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するプロテアーゼ、脂質を分解するリパーゼといった消化酵素のほか、その中に含まれる酵素はなんと100種類超。

さらにビタミンCやミネラル、ファイトケミカルも豊富とあって、消化を意識しながら美肌や疲労回復も目指せる素晴らしい食材です。

 

腸を冷やさない

腸は、消化・吸収・排便に関わる器官で、特に小腸は食べ物の栄養素を体内に取り入れるにあたってとても重要です。

最も活発に動く温度は約37度ですが、温度が下がるとその働きは著しく低下する上、腸内の悪玉菌の増加に繋がります。

悪玉菌の繁殖は腸内にガスが溜まる原因になるのですが、アンモニアなどの有毒ガスが血流によって全身に巡り、体調不良の引き金になることも。

現代人の中には腸内の温度が35度程度という人も多く、問題視されています。

また、腸内の温度が下がることで体温の調節機能が働き、必要以上にエネルギーを使うことになります。

過剰なエネルギーの消費は、疲れや体調不良を引き起こすことにもつながります。

日常の中で少し意識をするだけで、簡単にできる方法がいくつかあります。

  • 飲み物はなるべく温かいものを、あるいは常温で飲むようにする
  • 冷たい食べ物はあらかじめ冷蔵庫から出し、常温に近づけて食べる
  • ひざ掛けや腹巻きを使用して、腸を温める

 

毎日、少しだけ意識するということがとても大切です。

 

太れるカプセル「プルエル」を試してみたレビュー!効果と安全性は?

健康的に太るためのカプセル「プルエル」。
安全性はあるのか、効果はあるのか、実際に使ってみた変化をご紹介します。

 

プルエルをレビュー

商品到着

プルエルを購入すると商品本体に加えて、健康に太るためのガイドも同梱されてきます。

この冊子の中には、ポイントを5つに分けて解説されています。

検索してもなかなか出てこないような情報もあるため、太るための知識があまりない方には、分かりやすいガイドでした。

プルエルは、健康的に太るためのカプセルです。

理想的な体にするために、7つの酵素や7つの和漢によって乱れた食事をサポートし、身体環境を内側から改善する効果があります。

また、BCAAなどにより、体内の吸収速度が速いアミノ酸になります。

痩せ型の体質の場合、吸収速度が遅く、食べても食べても太れないというケースが多いですが、それをサポートしてくれます。

容器の裏面には、詳細情報が記載されています。
90カプセル入っているため、1日2カプセルでも約1ヶ月半は持つようです。

プルエルは、1日3カプセルを目安に摂取すると良いようです。

蓋を開けると、最初は透明の袋にプルエルのサプリメントが入っています。
中には90カプセル入っているため、多くの量が入っているように感じます。

プルエルのカプセル状のサプリメントは、中に白い粉末状のものが入っています。

実際に口にしてると、カプセルに包まれているので、ほとんど味がすることなく、飲み込むことができます。

水で飲むだけで、ほとんど手間がかからないので、習慣化しやすいと思います。

はじめは、太るためのサプリメントであるプルエルに対して、なんとなく怖いという印象がありました。

しかし、実際に飲み始めてみると、慣れもあるのか、太る効果が早く出るのが楽しみになってきました。

これで太ることができるのでしょうか?
しばらく使ってみたいと思います。

 

健康に太るための基本!摂取カロリーの大切さと正しい増やし方について紹介!

太るための第一の基本として、摂取カロリーを上げることが挙げられます。
しかし、むやみに摂取カロリーを上げても、健康に太ることはできません。

太るための摂取カロリーの上げ方について、ご紹介します。

 

摂取カロリーを増やす理由

健康的に太るためには、何を考えるべきかーーー。

まず、基本的なことではありますが「太る」という現象は、一日あたりの摂取カロリーが消費カロリーを超えた場合に起こります。

消費カロリーとは、特に何もしなくても身体が生命の維持を続けるために消費するエネルギーと、実際に日常生活で行う動作や、意識的に行う運動によって消費するエネルギーのことです。

今現在、痩せすぎで困っている人は、日々消費カロリーが摂取カロリーを上回っている可能性があります。

つまり、原因は何であれ、行動量に対して燃料の補給が間に合っていないことを示しています。

これは、今身体に貯蔵されているエネルギーを小出しにすることで日々をしのいでいる状態です。

この状態では、太ろうとしてもなかなか太ることができません。

そのような事態を防ぐために、消費カロリーより摂取カロリーが増えるように工夫をする必要があります。

 

健康的に太るには?

日頃、運動する習慣があるかどうかで違いが出るように、人間の消費カロリーは人によって違います。

一般的な1日の太るための摂取カロリー目安は男性で3,000キロカロリー、女性2,500キロカロリーとされています。

そして、人間のカロリー摂取の基本はまず食事です。

順調に自分の身体を太らせるための方法として取り組みやすいのは、以下のことが大切です。

  • 自分の目標とする一日の摂取カロリーを計算し食事を組み立てること
  • 食事の摂り方を考えること

 

つまり「何を、どのようにして食べるか。」に気を配ることが最も大切でしょう。

 

何を食べるか

効率よく多彩な栄養を摂れる食材にはどんなものがあるのか、栄養を吸収しやすくなる適切な調理方法にはどんなものなのかをご自身でピックアップしていきましょう。

例えば、一つの食材の中に豊富なエネルギーと栄養素を含む食材を摂取すれば、多くの栄養摂取が叶うので、気合いを入れてたくさんの食材を用意しなくてもOKです。

中でも、炭水化物の摂取はおすすめです。

炭水化物を摂取すると、血糖値(血液中のブドウ糖)を下げるホルモンであるインスリンが体内に生じます。

インスリンは、細胞でエネルギーとして使われなかったブドウ糖をグリコーゲンと脂肪に変える働きがあります。

よって、太るには炭水化物の摂取が理想的です。

時間に余裕があれば、間食の時間を設けて炭水化物を食べましょう。

少量のおにぎりやパンなら、消化する際胃腸の負担は軽く済み、無理なく摂取カロリーを増やすことができます。

 

どのようにして食べるか

食事の「回数」を増やす

忙しさから朝食を抜く習慣が定着している人も多くいますが、一日二食では一回の食事の量が増え、消化する際に胃腸に負担がかかってしまい、その結果栄養の吸収が悪くなってしまいます。

自分が実際に太りたいと考えているのなら、まず、朝食を欠かさず摂るようにしましょう。

食事の回数を増やすことで、一回あたりの消化にかかる負担を減らすことができ、無理なく身体に栄養を行き渡らせることができます。

 

食事の「量」を増やす

例えば、バナナやリンゴなど、食後に消化の良いものを少しプラスして摂取することで、比較的胃腸に負担をかけずに摂取カロリーを増やすことが可能です。

また、その際に乳酸菌の入ったヨーグルトを加えると、小腸の活動を助けることになり、栄養の吸収を促進します。

ただ、闇雲に摂取カロリーを増やそうとカロリーだけに注目し、脂っこい食べ物や甘い食べ物を無理して食べることは、胃腸に大きな負担をかけ、かえって消化吸収を妨げてしまうことになりますので避ける必要があります。

特に痩せすぎの傾向がある人は、胃腸が弱いことが多いので、気をつけるようにしましょう。