太るために!食事のバランスの大切さとおすすめ食材についてご紹介!

太るためのバランスの良い食事

健康的に太るためのポイントの一つとして、食事のバランスが挙げられます。
たくさん食べなくても、食事のバランスを変えることで、太れるようになる方法があります。

食事のバランスとおすすめの食材についてご紹介します。

 

まず、太るために大切な栄養素は?

太るために、何を食べると一番効果があるのかーーー。

痩せすぎが気になる人にとっては、とても興味深い問題です。

体を維持する三大栄養素として、炭水化物、たんぱく質、脂質がありますが、この中で一番太ることが期待できるのは炭水化物です。

炭水化物を摂取することにより、血液中の血糖値は素早く上昇します。
その後、血液中の糖をエネルギーとして各臓器に提供するためのホルモンであるインスリンが分泌されます。

その他、インスリンにはエネルギーとして使われなかった血液中の糖を脂肪に変えて体内に蓄える働きがあり、これが太るためのポイントになります。

 

ただ炭水化物を摂るのはNG

炭水化物の写真

三大栄養素が血糖値を上げるスピードにはそれぞれ違いがあり、炭水化物はそのスピードが最も早いことがわかりました。

素早く身体にエネルギーを充填できる点は良いのですが、単体の摂取、もしくは炭水化物に偏りがちな食生活が続くと血糖値の乱高下の原因になり、全身に大きな負担をかけてしまいます。

血糖値が急降下した状況を低血糖状態と言うのですが、これは全身のエネルギーが不足してしまう状態です。
早い話が無気力になりやすくなります。

ひどい場合は意識の混乱や震え、動悸などの神経症状に発展する場合があり、日常のパフォーマンスが著しく低下してしまうのです。

この状態を補うためにすぐに炭水化物を補充すると、また血糖値が急上昇し、しばらくして急降下するという悪循環に陥り、調整が余計に難しくなってしまいます。

このように、炭水化物だけの摂取だとどうしても血糖値の安定は望めないのです。

他の食材と一緒に摂取することでインスリンの分泌が穏やかになり、栄養が少しずつ吸収されるようになります。

ただ単に炭水化物をたくさん摂るのではなく、バランスの良い食事も大きなポイントとなります。

 

太るためにおすすめの食材

太るための食材のおすすめ

消化の良い炭水化物

太るために適切な食材である炭水化物は、小腸の吸収をよくするため、消化しやすい形で摂取しましょう。

具体例としては、柔らかく炊いた白米やうどん、耳なしのトーストなどが挙げられます。

これらの食材は、水分を多く含む上に柔らかく、胃の中で早く消化することが可能です。

 

食物繊維を含む食材

また、血糖値の急上昇を防ぐために炭水化物とともに食べる食材として、食物繊維がおすすめです。

具体例としては、生野菜やキノコ類、豆類などが挙げられます。

生野菜自体には消化の助けになる酵素がふんだんに含まれています。

キノコ類には、ビタミン・ミネラル・葉酸が豊富に含まれます。

豆類には、炭水化物・タンパク質・ビタミン・ミネラル・ポリフェノールがバランスよく含まれています。

このように、それぞれ食物繊維が豊富に含まれる上に、健康を底上げしてくれる栄養素に溢れた頼もしい食材たちです。

 

消化の良いタンパク質

その他、健康的に太るためには炭水化物とともに、筋肉のもとになるタンパク質の摂取が望ましいです。

消化の良いものを選び、胃腸の負担に配慮した食材を選ぶようにしましょう。

具体的には、たまご、豆腐、鶏肉、豚肉、白身魚(あじ、たら、カレイ、鯛)などが挙げられます。

これらのタンパク質は、体内消化がよいだけでなく、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。

体内で筋肉や肌・髪を作るために効率よく生かされる優良食材です。

 

また、これらの食材を前にして食事の摂り方を工夫することは、健康的に太れる上に十分な血糖値対策になるためおすすめです。

例えば、ごはん、おかず、汁物が食卓に上がっている際には、汁物、おかず、ごはんの順にいただくと、他の食材で徐々に血糖値を上げながら最後に炭水化物を摂取する形になるため安心です。

ぜひ日常の習慣として取り入れてみてください。

 

コメントを残す