たくさん食べなくても食べ方を変えれば太れる!太れる食べ方の方法をご紹介!

食べ方で太る

太りたい方は、たくさん食べるだけが太れる方法ではありません。
他にも様々な方法があります。

たくさん食べれない方でも、食べ方を見直すだけでとても太りやすくなります。

 

食べ方を変えるだけで太れる?

太るための食べ方について

太りたいけど、たくさんは食べられないーーー。
痩せている人にとても多い悩みです。

この場合、「たくさんカロリーのあるものを食べて、身体のエネルギーを増やすことで太る」という話はかなり辛いものです。

「食べる際に胃がもたれる」「すぐお腹いっぱいになるので、たくさんの量を食べられない」など少食の方にはそれぞれの事情があるようですね。

その場合は、普段からの食べ方を工夫することで問題を解決しましょう。

こちらでご紹介する食べ方の工夫は、以下の4つがポイントです。

  • 悪い油を避け、良い油を摂る
  • すりおろして食べる
  • 少し加熱して食べる
  • よく噛んで食べる

 

悪い油を避け、良い油を摂る

脂肪がつきやすい人にとってはさらに太る原因になりますが、胃腸の弱い人の場合、そもそも多すぎる油の摂取は消化を阻害する原因になってしまいます。

例えば、外食やコンビニ食の揚げ物や惣菜パンの常食で、何回も使用されている酸化の進んだ油や単価を安くするために人為的な方法で作り出されたマーガリンやショートニングなど、質の悪い油を摂りすぎることは、やはり胃腸への負担が大きくなってしまうため避けるようにしましょう。

一方で、摂取する油を選ぶことは意識したいところです。

摂取してからすぐエネルギーになりやすい中鎖脂肪酸が100%であるMCTオイル、目や脳の働きを補助するオメガ3のもとであるα−リノレン酸が豊富なえごま油は、体内機能を活性化させる働きがあるため、特にオススメです。

 

すりおろして食べる

体内には、栄養素の消化吸収を促進するための数種の酵素が存在します。
身体が一日に作り出す分量には限りがあるため、もともと作り出す力が弱い人にとっては負担が多くなります。

酵素を多く含む野菜や果物をすりおろして食べることは、その細胞を壊すことでさらに多くの酵素を体内に入れることになるため、かなりの消化の補助になります。

特に消化酵素の豊富な食材をすりおろした「だいこんおろし」「すりおろし生姜」は、他の食材と一緒に摂取することで消化を助け胃腸の負担を減らします。

 

調理方法を工夫する

たくさん食べれない場合は、どれだけ損することなく栄養素を取り入れるかが1つのポイントになってきます。

調理方法や食べ方の工夫することで、より多くの栄養を取り入れられます。

過度の加熱は食材の栄養素を壊してしまうため、加熱の温度と時間に気を配ってみましょう。

水溶性ビタミンは水に溶け込む性質がありますので、多くの水で茹でるよりも、少量の水で蒸して調理する方がより多くの栄養を保持できます。

蒸すことにより、食べる際には風味や甘みが増し、美味しくいただくことができます。

また、はじめから栄養素が水に溶け出すことを前提にして、具沢山のスープにしていただくのも良いでしょう。

 

よく噛んで食べる

子供の頃、誰しも「よく噛んで食べなさい。」と言われた経験があることと思います。

唾液の中には多くの酵素が含まれています。

よく噛んで唾液を多く分泌し、食物と一緒に胃腸に送ることは、食べ物の分解を進め、その後の胃腸にかかる負担を大きく削減することになります。

噛むという行為は、簡単なようでいて、なかなか意識し続けるのが難しいこと。

噛む回数の目安を知っておくと取り組みやすいです。

例えば、柔らかく水分の多いご飯や食材自体に多く酵素を含んでいる生野菜サラダは一口30回、適度に固さがあり水分を含むタンパク質は50回、大振りに切られた野菜メインの煮物や野菜炒めなら70回、固さがあり水分の少ない乾物・ナッツ類は一口100回以上の咀嚼を意識しましょう。

食べ物がこのあと自分の身体を作っていくイメージをしながら、しっかり口を動かしてください。

 

太るためには精神状態も大切

心の健康

少食で太れないとお悩みの方には、食べ方の工夫以外にも心得ておくべきポイントがあります。

特にストレスとの向かい方は要チェックです。

痩せ過ぎる傾向にある人には胃腸の弱い人が多く、特にストレスの影響を受けやすいでしょう。

現代人と日々のストレスは、哀しいかな切っても切れない関係です。

そうなると、ストレスを受けた時にそこからさらに痩せてしまうことになりかねません。

心当たりのある方は、適切なストレス解消方法について、いくつか日常に取り入れられる方法を心得ておくと心強いです。

具体例として、以下のような方法が挙げられます。

  • 運動を習慣づける
  • 瞑想を取り入れる
  • アロマを取り入れる
  • 好きな音楽を聴く

 

日常に比較的簡単に取り入れられるストレス解消法は、期待以上の効果を発揮してくれます。
ぜひ、ご自身でできることからチャレンジしてみてください。

 

コメントを残す